FC2ブログ

十兵衛日記

実際の弁護士って、

ドラマや映画に出てくる弁護士はアメリカの法廷弁護士のスタイルのものが多く、日本の弁護士の大半はかなり様子が違います。実際の弁護士はたくさんの事件を同時並行でやっています

いちばん大きな違いは、ここです。ドラマや映画に出てくる弁護士は、その時点で1つの事件に専念しているという設定のものがほとんどす。しかし、実際の弁護士は、普通数十件の事件を同時並行で取り扱っています。

弁護士は毎日いくつかの事件の法廷に出たり打ち合わせをして、その間に何人かの依頼者や相手方からの電話に対応し、何件かの書類や手紙を書いています。依頼者の方に弁護士は今自分の事件だけをやっていると誤解されて、毎日今どうなっているとかああしてくれこうしてくれと電話されても、とても対応できません。

だからその辺の事情も分からずに、対応が遅いとか言って恨みに思うのは間違ってますね。
弁護士
この記事はブログルポの弁護士特集の依頼により執筆しました。
スポンサーサイト



PageTop